« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

日記

夜11時過ぎ、自転車でバイトからの帰り、
細く暗い裏道で前方に黒い影を発見する。
影はうごめいている、よく見ると大柄な男と小柄な女の後姿だった。
どちらも全身黒の、ラフな服装。
後から追い抜かそうとすると、すごい勢いで影は迫ってきて阻まれた。
男が力いっぱい女を引っ張っているからだ。女は抵抗しているようだ。
俺はびっくりして着けていたヘッドホンを外して、
逆側にまわって様子を見ながら追い越した。

顔を見たら、どちらも30代後半か。男はすごい剣幕で、
「今日はもう帰らないって言ってたのにいまさらなんだよその泣き言はよう!
帰らないんだったらいいじゃねえかよう!」だがろれつがあまり回っていない。
女は泣きながらやめてやめてと繰り返す。
抵抗するも腕をがっしり掴まれて無理矢理よたよたと歩かされている。
化粧は薄く、水商売には見えない。不幸せそうな表情だった。
俺まで悲しくなった。男が必死だったから。

他人事であって、他人事ではない。

その30分前、新宿駅近くのガード下で、
一人で歩いている若いおしゃれな女の子に、
突然話しかけて無理矢理詰め寄る男がいた。
女の子はマフラーで口を隠せるぐらい下を向いて無視したが、
ついに壁際まで追い詰められた。
男は普通の痩せ型の中年だったが酒は入っていたような顔だった。
男は手で、2、とか3、とか女の子に見せていた。
その時は俺も、日ごろ秘めたるアキバっ子パワーを発揮して、
電車男バリに「いやがってるじゃないか、やめろよ」と仲裁に入ろう、
などとは全然思わなかったのだが、ていうか秋葉原とか全然行かないんだが、
もしそれが自分の彼女や友人だったら、
喧嘩なんて得意だろうと不得意だろうと、
男としてはそれこそ相手が誰であれ当然助けるわけで、
相手のほうが強そうだと思ったらそれこそ必死になる。
喧嘩だったら絶対負けないという強い自信があったら、
俺はあの女の子を助けに行っただろうか。
単純に可哀想だと思うんだから、
頭の中で勝手にあの女の子が彼女だと思いこめば、
そういう自信が無くても行けたかもしれないけど、
結局は力と智恵が無ければ、自分の正義なんて通せやしないのかと、
当たり前のことにたどりつき、情けなくなって凹む。
しかしながら、毎日飢えで沢山の子供が死んでしまう国があるのも事実だし、
他人にかまえるほどの余裕が無いことも事実だし、
せめて自分が大切なものは命を張って守らなくちゃいけないと再確認した。
そして、大切な人が守っていることを、自分も守ればいいんだ。
出来ることはなるべくするにしても、おそらく世の中それで十分だ。
自分の周りだけでも大切なもの、もう沢山あるし、
もっともっと広がっていくからね。

そんな今日の通勤で聞いたCDは、かなり久しぶりに、
JHOSHUAというバンドの"singing to your subconscious"。
どんなジャンルも、沢山バンドが出てくれば、
だんだんどれも似たり寄ったりになってしまうのは必然なわけだけど、
いまどきエモっつったら大体どんなことやってるか察しがついてしまうくらい、
エモというジャンルも浸透してしまって、
流行る直前くらいまでのドキドキ感は俺にはもう無い。
JOSHUAもいわゆるエモに類するバンドだが、このCDが出たのは2002年。
俺にとってその当時のエモが何がかっこいいって、
あれはなんとも言えない複雑な感覚なのです。
とにかくどのジャンルにも括れない孤独でアウトローな美しさがあって、
エモとしか説明できない。
いまは音的に、こうしたらエモっぽい、と言えてしまう、
つまり形が出来あがっているけど、
もっと、単純にオリジナルのロックだったと思う。
そう思わせる魅力が沢山あった。
そりゃもちろん分解すれば色々言葉で説明出来るかもしれないけど、
誰もやってないことを自分達を信じる力だけでやり遂げるっていうのは最高にかっこいい。
真似や引用やパクリだけじゃけして出来ない、
不完全でいびつな独り善がりの結晶が俺は大好きです。
逆に、ミーハーなまでにいろんな流行りをさらっととり入れるニクい奴もかっこいいと思うし、
流行りって言うんならストロークスみたいなバンドが日本にいるならぜひ見たいと思いますマジで。
俺の場合は、エモが好きなんじゃなくて、ジャンル問わずそういう結晶を感じる音楽が好きで、
たまたまそのころのエモ系バンドにそういうのが多かった、てことなのかと思います。

そういえば、ずっと連絡とっていなかった4g/sugarのみんなと何年かぶりに再会したのも、
JOSHUAの解散直前の来日ライブだったな。クアトロで。すごく嬉しい"再"出会いだった。
何しろあの日、一人で行ってたからな俺(w。

アルバムの最後の曲が良くて良くて、今日は帰り道に3回聴いた。J

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影 世界の松下弘子

オトコマエなテル☆ザ☆ミー君に、
似てる、と言われて、撮ってもらったんですが・・・、Tellme2





似てるっつーか、

何故だろう、
似せてる、つーか。。

なんか、テル君が芸能人で、
その芸能人のファッションとか頑張って真似してる俺、みたいな。。。

しかも自分で鏡見ながら前髪分けたから、本人と分け目が逆になっちゃった!みたいな。

メンバーに見せると、似てるか似てないかじゃなくて、
「んー、テルザミーのほうがオトコマエだよね-。
お前なんかメガネもずれてるし」という話しに終わりました。
ハイ、オレモソウオモイマスヨ。

いや、別に卑屈になってるわけでは全然無くて、
あくまでこの写真を見たイメージでね。

よく、芸能人の○○に似てるー、とか言われても、
あんまりTV見ないから「誰?」てなることが多いわけですよ。
さらに言えば、高校の時の○○君に似てるー、とか言われても、
「それお前しか確認できねーじゃねーか!」となるわけですよ。

そんなことに比べたらずいぶん喜ばしいことのような気がします。

いやだから真似してねーっつーの。

というわけでみなさま、これからもVROOMとTEAM TOTEMをよろしくお願いします。Tellmeandme

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!!!!!

というわけで、
世界低アクセスランキングワースト1位を誇る当ブログで発表するのもなんですが、
おめでたいので書かせていただきます。
VROOMがあの老舗ハードコアマガジン”ドール”に紹介されました!
松下弘子さん、ドール編集部のYさんには大変お世話になりました。
本当に本当にありがとうございます。
世界一の松下さんの写真と、
鳥肌立ちそうな紹介文で、
もう感無量です。
あとはそこのあなたがVROOMのライブに来て音を聴いてくれるだけです。
それで全てって感じです。
それぐらい素晴らしいものです。
ですから、明日にでもみなさん本屋さんで買ってください!
よろしくお願いします!
1月は、スパモンとのイベントや仙台遠征、
2月はこのドール掲載、
さあここから!て感じです。

というわけで今日はお祝いに、
これから歌舞伎町の310-3(サトーサンと読む)という
焼酎バーに行ってきます。
焼酎好きだけど安いのしか飲んだこと無い
みたいなあなたにオススメ。
全国の銘酒が激安で飲めます。
手料理のおつまみもツボな感じです。
・・・つっても今日は俺はそこで飲むわけじゃなくて、
今まさに310-3で飲んでいるメンバーを
迎えに行くだけなんですが…。

お店のウェブサイトはVROOMのリンクから行けるので見てみてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お疲れ様です。
VROOM凶獄です。
ひっそりとやっております。
書きたいことが沢山あるような全全無いような。
「ブログはじめたらこれを書くぞ!」
みたいな意気込みゼロで始めたので、
あんまり大した話しは出来なくてもごめんなさい。
まあ、やるべきことをひたすらやんなくちゃいけないってことなんですよね。
頑張ります。
ていう話しを、さっきまで友達としてた。
友達というか、ちょっと憧れの先輩的な感じの人だけど。
頑張るってなんなんだろう。
みなさんは頑張ってますか?
なにかしら結果が出るように頑張るっていうのは
当然ながらなかなか容易ではないですよね。
頑張っても結果が伴わなければ、
誰も「頑張ってるな」とは思ってくれないわけで。
俺は、人から「頑張ってるな」と思われたくて頑張ってたんですが、
それはちょっとポイントのずれた頑張りなんだと気がつきました。
好きで続けていればイヤでも何かしらは
身につくし得られることもあると思います。
だけど、体力はなんとかなるにしても
お金も時間も限りがあるわけで、
だとしたら、
結果が出るまでやるべきことをひたすらやりつづけることが頑張るってことなんじゃないか、
と今は思っています。
つまりは耐える、てことです。
我慢ナシに努力はありえません。
耐えるのが辛かったらやめればいいんです。
と、エラそうに話すのはこの辺でやめときましょう・・・。

そんなエラそうに話す俺はロック・ポップ中心に今日まで育ってきたので、
クラシックっていうジャンルは全然わかんないんですが、
NHKのスーパーピアノレッスンという番組は時々見ます。
やばいです。
非常に参考になります。
一応説明すると、日本人女性のピアニストがなんだかでかい音楽院みたいなところで、
なんとかトラーゼというピアニストに毎回選ばれた一曲をマンツーマンで教わるんですけど、
トラーゼはとりあえず女性に一度弾かせますが、
あまり面白くないプレイをすると止めさせ、
「ここはこういう風に」なんて感じで
独自の解釈で細かく説明を入れながら指導して、
最終的には「わたしの模倣をせずに自分らしい表現を見つけなさい」と締めくくって、
最後に一曲通して演奏して番組が終わります。
この指導中の、
弾きなおした時に彼のプレイに本当に毎回驚かされます。
一つ一つのフレーズが別物のように生まれ変わるんです。
トラーゼは体もごつくて年もとってるんですが、
その大きな手で、針の糸を通すような繊細な芸当を披露し、
「ああ、こういう曲だったのか」と思わせてくれるってわけです。
神経を極限まで使って一音一音紡いでいくことが、
曲表現にとっていかに大切かを思い知らせてくれます。
そして最後のソロ演奏が圧巻で、
聞こえるか聞こえないかという本当に微妙なタッチの音から、
ハードコアバンドに負けないほどド迫力の低音部連打まで、
ものすごいダイナミズムと繊細さに満ち溢れて、
もう「トラーゼすげー!!」です。
ていうかピアニストとか全然知らないんで、
とりあえずこの番組のこの人が「すげー!!」なだけなんですが、
いかに自分が普段いい加減に楽器を弾いてるかよーくわかっちゃったりするので、
これからもちょくちょく見ようとおもってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »