« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

普通に日記です。

コムバムワ!
家から帰ってきていつものように洗面所でうがいをしたら、
いままで自分が思っていたよりもっと奥までうがい出来ることを
二十数年かけて初めて発見したキョウゴクです。

だいぶ前に、毎日のように黒糖の塊を食って
日々減少するHPを回復させていると書いたんですが、
それもとうの昔に底をつきましたて、

最近あらたに素晴らしいエリクサーを発見しました。
これです。

Umaiyo
秒殺コンボ来ました。
黒糖とクルミなんてそんな、最高杉ですよ。
量が少ないからあっという間に無くなったんですけど。
でも今回ばかりはいくら俺でも食い過ぎるとちょっと具合悪くなりました。

さて今週はVROOM、ライブがありましたよ、渋谷屋根裏。
来てくれた方ありがとうございました!
ここのところ小さめのハコが多かったので、
久しぶりに屋根裏の目の覚めるようなステージの広さが気持ちよかったです。
うちのギターも負けじと目の覚めるような音のデカさだったんですが。
PAの方に「今日は今までのVROOMで一番音がデカかった」と遠まわしなダメ出し?を頂きました。
対バンしたネノフシとは、来月大阪で再びやりあいます。

翌日は仕事をこなして夕方、新宿RedClothへ行ってきました。
俺の私観ですが、恐らく今現在日本のインディで最高にかっこいいロックバンド、
Green milk from the planet orangeが、
イタリアから来たBELLINIというバンドのオープニングで出るということで、
まあ、行くしかなかったわけです。

グリンミルクに関しては、もう、とりあえず見て下さいとしか言い様が無いです。
このジャンルがどうとか、最近のロックはどうとか、
グチグチいって酒飲んでんのがマジでばかばかしくなります。

VROOMのライブには加入する前の半年ぐらい毎月のように足を運んでましたけど、
そして入ってしまいましたけど(w、
それと同じぐらいの勢いでライブ見に行っております。
やっていることは全然違うし、出ている空間も違うんだけど大好きなバンドです。
人の好みは千差万別とはいえオススメって感じです。
鬼のようにライブやってるみたいなのでお時間ある方はどうぞ。
対バンも毎回かなり良いです。54-71とかカモメカモメとか。

で、BELLINIは何の予備知識も無く見たんですが、
ガッチガチに堅い音なのに何処か暖炉のような温かさにメラメラと焼かれました。
意味不明ですね、ごめんなさい。
ハードコアな空気なのに、ギターのオジサンが52歳で、
ヴォーカルがその奥さんだったから、そう思ったのかも知れません。
でもメンバー全員はんぱじゃねー闘気出てんの。けど落ちついてんの。
なんなんだろうあれは。マジに衝撃的でした。純度高杉です。

そう、たぶん純度が違うんだと思います。
音と音楽に対する愛情かな?そういうバンドって、
残念ながら実はなかなかいないんじゃないかなと思いました。
Bellini


そんなこんなで、今日はFIX LOID企画で新宿アンチノックでライブです。
そして明日は、幕張メッセでパンクスプリングに行ってきまーす!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Skr ついについに桜キタコレ。

咲き出したよー!俺はこの中野通りの桜が大好きで仕方ないんです。
なにしろむちゃくちゃ幹がぶっとい!
23区内最強だと思うよこの太いさ。

都心の桜は多分開発時に植えてるから
みんな若いくて細いんだけど、
かといって東京西部の桜にも負けてないと思う。
満開になると、うちの方から中野駅まで、
中野通りマジでトンネル。
ずらっと並ぶさくらまつりの
ピンクちょうちんも素敵。
青い空にも夜にも映える。
まあ賛否両論みたいだけどね。景観乱すって。

うちから中野駅まで結構遠いし上り坂あるし
朝は西武新宿線の開かずの踏切に足止め食らうし、
学生時代から中野通りにはまあまあうんざりしてたけど、
桜の時期だけは大好きになります。
宝物。
ここに住んでいる自慢の一つであります。

けどそういえば、その桜の木を
区がみんな撤去する計画があるって
噂を聞いたけどマジなんだろうか?
ほんとだったらマジで阿保。アタマ大丈夫ですか?
いったいどこからそんな発想が生まれるのか理解できないけど、
全力で反対するに決まってるじゃないですか。
もし強引に可決したら、
伐採作業当日、
俺は桜の木にしがみついて守るぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月から書きこみ復活して以来、背景のテンプレを変えてみてますお。

自分の写真とか画像を作って、
トップや背景に使うことも出来ると後で知ったんですが、
まあ最初はそれもわからず、このココログっちゅうブログサーバーが用意してる
テンプレからしかたなく選ぶことにしたんですが、
選ぶだけだからメチャ楽で良いんですけど、
基本的に昔からいっつもこの手のデフォルト設定はしっくり来ない。
なんかどれもデザインがファンシーで、辺り障りが無くて、主張が無くて、
例えるなら、ジーンズ屋で売っている変なプリントのTシャツみたいな、
何故(なにゆえ)このプリントを施したの?
と聞きたくなるモノばかり売っている、けどそん中から選べっつーのかよ!
いらねーっつーの!この変なロゴと俺がなんか関係あんのかよ!?
なんもしねーで無地のほうがまだマシだよ!
プリントする分コスト下げて安くて色のきれいな無地のシャツ作れごるあと、
割りと昔から一人憤慨しておりましたので、
あんまり期待してなかったんですが、あったわ。
この背景はなかなか気に入っております。
わかる人にはわかるはず、そう、吉祥寺駅前です。
もう、吉祥寺っつったらそりゃ俺の青春の街なんですよ。
中学高校が吉祥寺と西荻窪の間にあって、
友達と遊ぶ時は大体吉祥寺で、毎日ひたすらブラついて帰った。
早く帰りたい時はたまに一人で西荻窪から帰ってたけど。
初めてライブハウスに出たのも、クレッシェンドだったし(通学路だった)、
卒業してからも自分のバンドで何度も吉祥寺でイベント企画してました。
ちっちゃいお店が集まっているかと思えば、巨大デパートも集まってる、
サンロード、井の頭公園、ユザワヤ…シンボリックなものがたくさんありつつ、
力の抜けた温かく自由な感じがする反面、
街そのものはなかなかこっちに靡いてはくれない、
俺は何故かそんな印象がする街なんです。
んー、好きだなあ吉祥寺。
ちょっと遠いところがまた良い。

あ、携帯からだとうつんないんだよなあ、背景。
ごめん。何とかして欲しいところですな。

まあジョージ話しはまたいつでも出来るというわけで、
そんなことより祝!ついにVROOM EYE初リンク!(w
テル☆ザ☆ミー君のホームページからリンクさせてもらいました!
なんかすごい嬉しいです。
やり始めた時は、出来るだけ誰にも見られないようにしよう、とか、
仙台の写真さえ見てもらえば良いや俺の文章なんておまけおまけ、とか、
稚拙な文章力を余り人に見られたくなかったんですが、
あんなまとまりの無いダラダラ長い日記を文句も言わずに読んでくれたのかと思うと、
妙に感動してまた長くなっております。
テル君ありがとう。

ついでに例のソーシャル・ネットワーキングサイトに、
VROOMのコミュが出来ておりますので、そっちにも遅れ馳せながら参加しました。
VROOMでコミュ検索したら出るので、よろしくお願いいたします。
自分のページからこのブログにも来れるようにしてみました。
頑張って書きますよ。

ネット的体制が色々整ってきたので、
そろそろ本丸であるvroomtheband.infoも手を加えなきゃ、
と思っているのですが、今までなかなかで出来ず、
出来ない日々が続くと軽く鬱になりさらにやらないという悪循環から、
一刻も早く抜け出すべく努力をしてまいりたい所存です。
頭悪い分頑張りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば三月も下旬にさしかかり、そろそろサクラも咲こうかと、花見はいつ?
なんて話しになってきて、
うかれかかるものの"別れ"の季節でもあるってことが突然突き付けられてしまうこともありますね。
俺の周りでも、今働いている店の女の子が二人、
それぞれ就職とか専門学校に行くからとかで辞めてしまったり。
一緒に働くといつもさし入れ買ってきてくれる子と、
次回のVROOMのイベントに出てくれる某バンドのPVを卒業製作で撮ってたりする子。
そして数少ない俺の友達の中でも、かなり付き合いの長かった奴が
会社の転勤で岡山へ行ってしまう。そいつは俺のことをダメな部分まで全部理解して受け入れてくれて、なかなか会えないけど一緒に遊んだらマジで楽しかった。
一生会えなくなるわけじゃないけど、遠くに行っちゃうってのは俺にとっては少し辛い。
考えてみると俺はずっと東京に住んでいるから、
一度出会った人とはたいてい会おうと思えば会えるだろうし、
何処かから東京に出てきた人のように、(上京して)今いる全ての人としばし別れる、
というような経験はあまり無かったのかもしれない。
それなのに、すでにたくさん"別れて"しまった気がする。
物理的には、出会った数<別れた数、には絶対ならないはずなのに、
普段ふと思い起こす人の中にはもう連絡が取れなくなって久しく、
"もう会えないのかなあ"と思ってしまう人がけっこういたりして、
会えないっていうことの実感は日に日に大きくなり、
多分出会うということの大事さを全然わかってないまま過ごして来てしまったんだな、俺は、
と反省し、今一緒に普通に会ったり話ししたり遊んだり飲んだり音出したりしてくれる人を
もっと大切にしようと改めて思う。

ちょっと話しそれますけど、
ずっと東京に住んでて当然思い出のある場所とかいくつかあるんだけど、
何故かことごとくなくなってしまう。生まれて初めてアルバイトしたコンビニ(5年勤務)含め、
働いていたのに今はもう無い店や事務所は数知れず。
通っていた幼稚園も無くなったし、
初めて行ったラブホも無い。
小学校は合併で名前が変わった。山下達郎さんと同じ学校だった。
それに俺のおばあちゃんの家も去年無くなった。
別に貧乏だからとかそういう理由じゃないんだけど、色々あって。
おばあちゃんは4年くらい前に亡くなったんだけど、本当に可愛がってくれて大好きだった。
亡くなった後も、家はずっとその時のまま残していたんだけど更地になってしまった。
極めつけに最近中学と高校が(付属校なので同じ場所にくっついてたのだが)
引っ越して全く新しい校舎を建てるから一口2万円から募金をよこせ、という通知が来た。
パンフレットには物理の先生が校長になって写っていた。

恐らくこれからも俺の思い出の場所は減っていくのだろう。
東京に生まれて、ずっと東京に住んでいるのに、
東京をふるさとと呼べる根拠は結局自分の胸の中にしかないのだろうか。
ここで楽しいことがあったことを誰も証明してくれないのだろうか。
それは悲しい
。ふと立ち寄ったら跡形もなくなっている場所を見ると呆然とするし、
特に50年以上あったおばあちゃんの家を取り壊すことが決まった時はかなりへこんだ。

別に誰かが死んでしまったわけではないし(もしかしたらそれによって無くなった場所も
あるのかもしれないが)、大地震や戦争やテロの被害で東京ごと無くなる可能性はゼロではない
。なくなってしまったのは仕方が無い。
より安全で便利に街が変わっていくより早く、勝手に増える思い出と一緒に、
自分の場所は自分で守るしかないんだろう。
いつかは地球が故郷になる時代も来るかもしれない。

明日はクラブドクターでライブだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさしぶりでーす

・・・完全に放置しておりました。

見に来てくれていた方、ごめんなさい。
この前、テルミー君に「全然書かないじゃないですか」と指摘されまして、
「え?見てたの?」みたいな、「見てたの?」じゃねえだろって話しで、
ちょっとやる気が出てきたわけなんです。
いつも面白いことがあった日に、さらに文章を打つ気力が残っていないという、
これじゃ更新出来るわけがないということを身をもって体験したのですが、
あれこれ言う前にやればいいんですよね。基本ですよ。わけわかんなくてごめんなさい。
放置された俺のPCとブログにもごめんなさい。

つーことで、2日前は渋谷タウキッチンにてテルザミー企画に出てきたのですが、
その前日から話しは始まるわけです。

去る3月16日、俺は個人主義激場のライブを見に代々木ザーザーズーへ、
雨ザーザーの中(自転車で)行って来ました。

もちろん普通に見たかったのですが、
次の日対バンするから見れるのに何故わざわざ行ったか説明すると、
簡単に言えば、個人主義激場の過激なパフォーマンスに、
なんと代々木警察が動いちまった、と。
?え?なんで?脱ぐから?出すから?ワイセツ?公然猥褻罪?罰金30万!?
おいおい、ちょっと待てよ、と。
そんなところで取り締まりっすか、と。
警察がそうやって動く基準てなんだかよくわからないが、
(実際、代々木の若者達に対する悪影響になるから、て言われて納得できますか?)
俺らの税金で食ってワイセツはたらいとるやつらが、
俺の大好きなバンドを猥褻罪で逮捕ですか?
許せるわけ無いじゃないですか。
という意志と、
ポリスどもに囲まれてどんなライブをやるのか楽しみにしている悪魔が、
心に同居しておりました(w。

夕方、ザーザーズーに到着。まだオープン前で、入り口では雨にもかかわらず何故か長蛇の列。
良いイベントのようだ、と期待しつつ中へ入ると、
ディズニーランドに来たかのごとき豪華な内装!ライブハウスって言うよりクラブ?
ここで個激がやるとはおおよそ想像もつかないです(w。
メンバーと挨拶を交わしているうちに、程なくしてトップバッター、
水銀エキゾチカのライブがスタート。このバンドがハコに個激を推薦したらしい。
よーく見るとみんなむちゃくちゃ若い。
最近のティーンエイジャーの実力にビビル。
8割方ラップだったけど、色々聴いて研究してる、工夫のある感じですごく好きでした。
そしてとにかくノリが良かったのよ。高校生スゲー。

そんな感じのクラブなノリが上手く混ざったバンドが続く。
俺は俺でテル☆ザ☆ミーと再会。
お客さんも若い女の子が多く来ているようだ。
しかしフロアのほうに、明らかに異質な男が一人いる。
黒髪のオールバック、黒系の服装でシャツをキチンとズボンにしまっている、
御年配の男性。
私服警官を何気なく探していた俺らは、アイツに違いない!と勝手に思った。

いよいよ3番目に個激登場。
セッティング中、例のBGMをバックに、ハコのステージ係の女性スタッフが、
あの変な角度のマイクでチェックをしている姿がなんだか面白かったです。
セッティング中のパイル君のコメント、
「今日はギリギリで抑えるから」
サウンドチェックするネジオ君。
こんなお洒落なハコでも、彼が叩くドラムは2万ボルトのような音がする。
そしていつものように酒盛りが始まる。
フロアが何故か異常な盛りあがり(w。
ワタムル君がしょうゆとか洗剤とか飲むたびにものすごい歓声が沸き起こる。
まったく役者ぞろいなバンドだ。
何故かステージ上に無造作に置かれたブログマガジンを、白人の客が勝手に読んでいる。
演奏が始まる。
音が異常にデカイ。
特にパイル君のギターには鼓膜がやられかけるほどのデカさ。
すげーカオスだ、めちゃくちゃかっけーぜ。
と思ったらあっという間に2曲終了し、
ついにMC開始。
お立ち台に四つん這いになるワタムル君。
あーーーーーーーーーーーーーーーー!
パンツはいてるよ!(w
けど思いっきりたくし上げられている!マジでぎりぎりだ。
けどあとはいつもと一緒だ!結局フロアまで全員出てきて大乱闘の末、
ぐだぐだにステージに戻り、最後まで轟音でカオティックな演奏で終了。
いやーすげー。してやったりって感じだ。大満足。
あの私服警察も度肝を抜かれたに違いない。

満足しきったテルミー君と俺は、もう他のバンドを見る気を失いかけていた。
セッティングをはじめた次のバンドを眺めていると、どうやらドラムなしで、
打ちこみ+ギターに男女ツインボーカルという編成のようだ。
テル君とぐだぐだ喋っているうちにそのバンド、die!!die!!color!!!がスタート。
すげーかっこいい!つーかオケの音がめちゃくちゃ良い!
そしてヴォーカルのお姉さんが松雪泰子並の美人だった。
俺とテル君はちょっと盛りあがり始める。
フロアはすでに熱狂。
カメラマンがついている様で、クラブギャルな感じのボーカルのお姉さんバシバシ撮られまくる。
・・・てよく見たらそのカメラマンは俺らが警察と決めつけいてたオジサンだった!
テル君は「俺ら見る目ないっすね」といっていた。おっしゃる通りで。

その後、最前列に20人近い女子が集まるオレンジレンジ風のバンドがトリで終了。

なんでこのイベントに個人主義激場が?という感は否めないものの、
なかなか面白いものが見れた気がした。
もう11時。土砂降りの雨の中チャリで帰路につく。何しろ次の日はテルミー企画。
後日談では、本当に警察は来ていたらしいです。
ギリギリの攻防をしかけた個激に拍手。
以上。個激のライブレポでした。
なんかこのブログ、ホンとによく個激が出てくるんですが、
決して個激のファンサイトではありません。

次の日のタウキッチンも、むちゃくちゃ楽しかったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »