« 八王子ClubHAVANA 轟音共鳴 | トップページ | 記念すべき50回目に大して上手くもない俺がドラムを語る時間がやってきましたよ »

久々に琴線に触れそう Bobby Byrd & Jim Ward

これはやばいです。マジで。

http://www.myspace.com/howwillweknow

Bobby Byrd & Jim Ward
「How will we know when we're dead」

現Sparta(元At hte drive-in)のJimと、
Bobby Byrdという詩人のコラボ作品。

をたった今見つけました。
本国での発売は去年の11月。情報遅い俺。

いや今ね、なにげなーくmyspaceページを見つけたのでいってみたら、
まず写真に驚いたよ。
もちろん俺がただ無知なだけなんだろうよ。

でもさ、

だれこの素敵げなじいさん?え?

とか思ってる間にさっそくサンプル楽曲が流れてきたんですけど、
おおおおおおおおおおそういうことか!と。
もう英語とかぜんぜんわかんねえけどすげえ!と思った。
とりあえず上記サイトに行ってみてください。
わかるひとにはわかるはず。この素晴らしさ。

んで英語よくわかんないけど、myspace内のブログには、
ふたりともテキサス州エルパソの出身。つーか今も住んでるっぽい。
Bobbyは詩人で自ら出版も行っており、
どうも若かりしJimが彼の詩にとてもインスパイアされたらしく、
Jimはその出版社でバイトまでしていたらしい。
で、後にJimからレコーディングのアイデアを持ちかけたそうな。

知らない間にこんな絶妙なコラボを・・・。
だってこないだSpartaのアルバム出たばっかなのに。

コラボに関して俺はもう、
以前オオタトシさんと及川キーダさんのエキシビジョン行って、
あのしのぎの削り方を感じさせてもらったおかげで、
「ただ一緒にやっただけ」と「コラボ」は明確に線引きが出来ていたのですが、
この作品はそういう意味でも最高です。
ポエトリーリーディングなんて全然興味なかったので、
俺がそう思えるのはSpartaファンだからというも多分にあるのは承知の上で、
それでも、Spartaよりいいかも、と思ってしまうぐらい素晴らしいです。

というわけで、さっそくHでオンライン購入。
情報遅いのに行動早い俺。

皆さんも試聴ぐらいしてみてはいかがでしょうか?

|

« 八王子ClubHAVANA 轟音共鳴 | トップページ | 記念すべき50回目に大して上手くもない俺がドラムを語る時間がやってきましたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36952/5502251

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に琴線に触れそう Bobby Byrd & Jim Ward:

« 八王子ClubHAVANA 轟音共鳴 | トップページ | 記念すべき50回目に大して上手くもない俺がドラムを語る時間がやってきましたよ »