« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

新宿URGA7周年

ウルガでライブやってきました。
VROOMとしてはまだまだお付き合いが浅いですが、
とってもいいハコです。
7周年おめでとうございました。
来てくれたお客様、ありがとうございました。
出演者の皆様もお疲れ様でした。

個人的には2番目に演奏していた、
Pencil shop on the 2nd floorがすごく良かったです。
初めて見さしてもらったんですけど、
初期Sunny day real estateやナンバーガールを思い起こすような、
深遠なロックを聴かせてくれました。

今年に入って初めて出演したのはSOLの企画で、
錚々たる面子のなかトップバッターでやらしてもらって、
今回もまたいいバンドばかりで4番目にやらしてもらって、
まだ二回しかやっていないけど、
ウルガでは毎回気持ちよくやらせてもらってます。
多少は自分たちでも満足のいくライブが2回とも出来たと思う。
出音のすごく良いハコだってのはもちろんのこと、
いい意味で、余計な空間というか、
余分な場所が無い、ステージにもフロアにも、
それがうちらに合っているのかね。わかんないけど。

もちろんもっともっとでっかいステージで、
たくさんの人の前でやりたいんだけど、
ウルガのあの空間で見てくれるみんなを、
もっともっと満足させるライブがやりたい、と思った。

次は5月1日に高円寺GEARでやります。
現メンバーになって初めてやることになりますね、ギアは。
すごく楽しみにしてます。
その次にやる新大久保EARTHDOMも初めてだし、
その次の新宿LiveFREAKは初のオールナイトイベントだし、
(バンドはウチだけでレピッシュのマグミさんらDJ陣と競演)、
意外に初物尽くしな今後の予定。
色々と吸収さしてもらいますわ。
そんなうちらを見に遊びに来てくれると嬉しいです。

http://vroomtheband.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日のライブはウルガです

明日はウルガの7周年記念企画でライブです!
お暇な方は是非!!

2007/4/27/fri 新宿URGA
新宿ウルガ生誕7周年記念式典 
「パッキャマラ・ド・パオパ・オパパPa 」

BANDs/
FloAtice, the pencil shop on the 2nd floor,
Vals, BUZZ CLIP, VROOM,SOUNDHEAD(大阪),etc...

開場17:30/開演18:00
前売¥1,500/当日¥1,800

http://vroomtheband.info/

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ちょっと古いけど

音のジャンルとか、
若気の至りの実績はどうでもいい。

世界の怪物バンドなのに、このメンバーの人間的脆さ。
コミュニケーションの下手さ。

逆の言い方をするなら、
人として全然成長しないまま、
世界一の成功を手にしてしまった人たち。

アリーナクラスのコンサートを何度もこなして、
世界中を熱狂させてきた男が、
たった一人の人間と面と向かってコミュニケーションできないなんて…。

お互いの嫌なところしか見えなくなってしまったメンバーが、
解散寸前まで追い込まれて、
その後「St.anger」というまだ誰も成し遂げなかった、
そして今も誰も超えてなどいないであろう、
史上最高に圧倒的な音を作り上げるまでに至る記録。
そうです、作り話ではなく現実の日記。
曝け出しすぎ。強がり、意地っ張り、抑制できない感情、
全部そのままカメラに曝け出すことで、
やっと、やっと自分を、バンドを客観視出来るようになる。
その過程をそのままご家庭で。

人間ぎらいな人、
喋りベタで気持ちが上手く伝わらない人、
メタルに興味ない人にこそ見てほしい、
メタリカのドキュメンタリー。

Metallica  メタリカ: 真実の瞬間: トレジャー Box

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブートキャンプ

フライヤー作ったからあげてみる。

200704fly

ブートキャンプって知ってる?

いわゆる「痩せてキレイになる!」系なんだけど、
まあなんだか、俺の友達(女)がやってて、
最初聞いた話じゃ、アメリカ軍人の動きを真似して、
軍の訓練さながらの運動をしてエクササイズをして、
みたいな感じで、「なにそれ?w」とか思ってたんだけど、

実際、ヤツは痩せた。

これは動かしようの無い事実であり、
この歳になって始めてダイエットや健康管理に興味を持ち出した俺は、
このブートキャンプが最近ちょっと気になっています。

と、思っていた矢先に、自分のこのブログに、
ブートキャンプの宣伝トラバスパムがついているじゃありませんか。
スパムもたまに役に立つから困る。

で、のぞいてみたんだけど、元アメリカ軍人トレーナーのビリーって言う、
いかつい黒人のオッサンを先頭に高速エアロビクスみたいなのやってた。

すんげえきつそう。

合わせる音楽のBPMが大体170ぐらい。

クラバーwなあなたには、

ドラムンベースでエアロビ踊らなきゃいけない状態
考えてもらえればわかりやすいと思う。

確かにこれは痩せそうだ・・・。
ほんとかどうか知らないけどヨガ並みに認知されているって言うのもわかる気がする。

ちなみにこんなの↓

なんか面白そう・・・

あと、TurboJamってのも見っけた。

さっきのがドラムンベースならこっちは、
でっかいボールをぶん回すクラフトワークって感じです。
まあボールだけじゃないみたいだし、アップテンポなのもあったけどね。

一ついえることは、
俺の部屋じゃ狭すぎてどっちも無理ということだ。あぶね。

http://vroomtheband.info/

| | コメント (0) | トラックバック (11)

90年代っ子

今日も雨だったけど頭痛は来なかったな。
やっぱ疲れからだったんだね。
ごめんよ雨のせいにして。

まあ今後も疲れていることを認めたくないときは、
たまに雨のせいにさせてもらうことにしよう。

まだバリバリの小学生。
最初の衝撃は、母親が車でかけていた久保田利伸と、
「ファイナルファンタジーⅣ」のサウンドトラックだった。
自分が音楽にのめりこんだ最初の年は、1991年だった。
だから90年代の音楽が自分には一番自然。
音楽として自然、とか違和感がない、というのとはちょっと意味が違って、
今その時代の音楽を聴くと、
やっぱり良くも悪くもこれで育ったんだなあ、と思う。
何しろ、ある意味一番素直で貪欲だった時期だから、
やれ音楽に起源はどうで、ロックの神様は誰々で、
この人はこのジャンルの影響が濃くて、
そういう意味ではこれはすごく新しい!とか一切微塵も考えてなかったもんね。
ただただ、新しく出てくるものから、好きなものを探していたというか、
まあいわゆるミーハーだなw。
でもただ新しい物好きって言う感じじゃなくて、
ちゃんと今の時代に合わせて作られていたものがかっこいいと感じていたというか、
作り手にまんまとノセられていた訳ですね。
でも多分そういうものなのかもしれない。
何の疑いもなくノセられっ放しみたいな青春時代はあるもんだと思う。
何にハマるかは関係なくね。

とまあそういう愛情も持ちつつ、
それでも90年代は面白かったなと思います。
なんか、80年代に培われたメロディーセンスと、
ようやく”らしく”なってきた機材の進歩と、
それに伴うほど良い実験精神と。
J-POPにもアンダーグラウンドにも、
等しくそういう醍醐味が混じっていたと思う。

でもね、悲しいことにね、
今聴くと結構つまんなかったりするんだよね・・・。
最初に言ったように、自然・・・ではあるんだけど。
だから90年代リバイバルは来ないんだろうな・・・。

というのも今日10年ぶりぐらいにBECKを聴いたからなんですけどw。

おいコラ、偉そうなことだらだら書いてBECKはないだろ、て感じですよね。

はい、わかってますよそれぐらい。

いやまあ、1st、2ndと昨日から立て続けに聴いたんですよ。
マジで久しぶりだった。出た当時は毎日聴いてたのになあ。
そいえばこないだNINも聴いたなw。
とりあえず単純だけどおいしいメロとリフ+ぶっ壊れたサウンド。
まさに'90s!
'90年代全開!やったー!て感じ。
でもよく聴くとしっかり作ってあったわ流石に。売れたアルバムだけはある。
それでいてなんていうか、妙に盛り上げないんだよね。
ノイズ入れまくったり、サンプリングのドラムだけになったり、
やけにクールなところも満載。
この変な実験精神によって、展開的なカタルシスを与えないところが、
'90年代ロックのミソなのかもしれない、と思った。

カタルシスの無さにカタルシスを感じられたらリバイバルがくるな。

http://vroomtheband.info/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

kitto natsu ga ku ru

異常に疲れていたので、
久しぶりに12時間ぐらい寝倒してやった。

なのに、ものすごい頭痛。
雨のせいなのこれ?

昔っから雨が降ると良く頭痛に見舞われる。
睡眠不足かと思ってたけど、
寝すぎるのも良くないのかな。
それとも本当に雨のせいなんだろうか。
雨による気圧や湿度の変化で頭痛ってありえるの?
誰かおせーて?

何となく俺の予想では、

雨が降ると、寝ている段階で既に体が冷えている。

血流が鈍る。肩こりが徐々に進行。

通勤時などに雨で濡れることに対するイライラ感で、
腰、肩、首、頭部の筋肉が緊張。

この状態で喫煙。さらに栄養不足。血管収縮。

運動量の少ない仕事。体温さらに低下。

温まって眠るまで回復の見込みなし。

これじゃ頭痛くなって当然か・・・。

http://vroomtheband.info/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

表面的にはまったく違うことは言わずもがなであるが

Metallica

 と、

  Cake。

根底になんとなく同じブルースが流れているように感じた。

どちらもアメリカのバンドだし、
ジェイムズもカントリー畑だったと聞いているが、
ただそれだけのことかもしれない。

また強引なこと言って、といわずにまあちょっと見て下さいな。
90'sカレッジラジオが嫌いじゃなければ。

このライブ映像、どちらも素晴らしい。
Cake 「Sheep go to heaven / Frank Sinatra」

Metalliva「mama said」Acoustic Live

両者とも「不良性」とも言い換えられるユーモアがありつつ、
冗談を交えながら結果だけを示す、男の哀愁。どっちも最高。

CAKE "Friend Is A Four Letter Word"

Metallica - Mama Said

ちなみにこんなのも見つけた。アメリカ人てなんなんだろ・・・

http://vroomtheband.info/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最後の春

暖かくなってきましたね。

今月はVROOMのライブは5本。
昔に比べると、どうして良いかよくわからないような、
悪い意味での余裕の無さみたいなのは改善されてきた気がするので、
ちゃんと自己管理しつつの5本、という感じではある。が、
慣れや怠慢が、直接的ではなくとも間接的には必ず失敗の原因にはなる。
失敗があってこその学習、学習あっての成功でなくては、
俺のようなあまりアタマのよろしくない部類の人間には身には成らず、
その時に迷惑をかけた人、失礼を許してくれた人、
言葉を選ばず批判してくれた人のおかげで、
何かを掴むチャンスを得ている。

先月の自主企画イベントぶりに横浜、渋谷と連続でライブをして、
音楽的な無知と発見を通して、そんなような事を改めて感じました。

渋谷でのライブ当日、俺のお気に入りだったツヤ消しブラックの携帯電話、
「docomo N702id」は、パカパカのつなぎ目にヒビが入り、
某ロン毛ドラマーの手でとどめを刺されて上下が完全に分断、
意識不明の重態。
日曜日を利用してドコモショップ中野駅前店。
サナダムシのような白く細い伝線一本のみでつなぎとめられたまま、
電話帳のメモリーなどのバックアップもままならないままメーカー修理へ。
しかし、こやつなにげに人気商品のため既に交換できる在庫なし。
しかたなく中野のドコモショップで残り○スの様な在庫から一番マシだった、
「D702i」に。
もう700シリーズは3まで行っているというのに、あと10ヶ月型落ちしっ放し確定。
そして奇しくも、妹と同機種。
モトローラの機種もあったが、見た目のカッコ良さに反して、
使い勝手が最悪な上、メニュー画面のデザインセンスがWindows95並み。
もうちょっと頑張れよ。アレはやる気失くすよ、高いし。
実際D系は前も使っていたし、やりやすくて画面もきれいで一応満足。

N702これね。

というわけで、現在電話帳がほぼカラの状態です。
もしこれを読んでくれた方の中に俺の連絡先を知っている人がいたら、
暇なときにでも電話番号と一緒にメールしてくれると大変助かります。
直接かけてきてくれてもOKです。
俺の番号とかは何も変わってないです。よろしくお願いいたします。

携帯電話の機種にはあまり興味を持っているわけじゃないんだけど、
というよりほぼどーでもいいんだけど、
あのN702のツヤ消し黒は妙に気に入ってたんだよね。
なんかカクカクしてて、真っ黒で、
すぐ見つからなくなっちゃうところがまた憎めなくてね。
あやつのせいでちょっと見た目に少しこだわるようになってしまった。
そう思ってどこもショップに行ったら、
携帯屋の兄ちゃんなんて軽いやつばっかりかと思ったら、
そいつはとんでもない誤解で、妙に俺のN愛を感じ取ってくれたのか、
ずいぶん頑張って色々してくれたおかげで、俺も逆に諦めがついた。
とにかく在庫が無いって。探しても探しても。
まあしょうがないよね、売り切らなきゃ商売にならないもん。
それにしても、そのお兄さんあまりにも仕事熱心で、
「壊れました」「そうですか、もう在庫無いんで機種変してください」「はい」
ですんだ話が、結局3時間ぐらい店に居たよ。
俺としては逆に好感持ったけどね、さすがに3時間は長かったな。

帰って、都知事選挙の速報見て、サイト更新してたら花見が中止になって、
結局今年は花見を一度もしていないまま桜ターム終了。
とにかく満開の時期に雨が多かったしね。
中野通りの桜は、去年もここで書いたけどやっぱり幹の太さが都内随一で、
本当に見応えがあって大好きなんだけど、
今年は今までほど気持ちが盛り上がらなかったな。
桜にかまう暇が無いほど何かに忙しいんだろう、俺は、ということにしておく。
本当は行きたかったに決まってる。
今年もお疲れ様でした>全国の桜の木

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週土曜日、急遽新宿FREAKでのライブが決まりました。
出番は8時過ぎからです。
是非遊びに来てください!

http://vroomtheband.info/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »